比例てん補の場合は割合で計算された金額のみの支払い

「比例てん補」とは、保険金額が保険の対象となっている物件の時価よりも低く設定されている「一部保険」の場合に、その不足している割合に応じて、保険事故があった際に支払われる保険金の額を削減する方式のことをいいます。
ここにいう「保険金額」とは、損害保険契約を結ぶにあたって、それぞれの対象物件ごとにあらかじめ設定する、保険金が支払われる最高限度額のことをいいます。
この金額はいざというときの補償内容を考えれば時価いっぱいに設定することが望ましいのですが、契約者が保険会社に支払う保険料もそれだけ割高になってしまうことから、あえて時価よりも低く設定して保険料を抑えることが一般的には行われています。
このような場合、例えば時価2千万円の家屋に対して保険金額が1千万円と設定されているとするならば、この契約においては時価の5割しか保険を掛けていないことになりますので、この家屋が実際に1千万円の損害を被ったとしても、保険金として支払われるのは上限の1千万円ではなく、さらにその5割の5百万円となります。
ただし、火災保険の場合、時価に対して8割未満の保険金額を設定している保険契約では、時価の8割に対する比例割合で保険金の額を算定することが通例です。
「比例てん補」とは、保険金額が保険の対象となっている物件の時価よりも低く設定されている「一部保険」の場合に、その不足している割合に応じて、保険事故があった際に支払われる保険金の額を削減する方式のことをいいます。
ここにいう「保険金額」とは、損害保険契約を結ぶにあたって、それぞれの対象物件ごとにあらかじめ設定する、保険金が支払われる最高限度額のことをいいます。
この金額はいざというときの補償内容を考えれば時価いっぱいに設定することが望ましいのですが、契約者が保険会社に支払う保険料もそれだけ割高になってしまうことから、あえて時価よりも低く設定して保険料を抑えることが一般的には行われています。
このような場合、例えば時価2千万円の家屋に対して保険金額が1千万円と設定されているとするならば、この契約においては時価の5割しか保険を掛けていないことになりますので、この家屋が実際に1千万円の損害を被ったとしても、保険金として支払われるのは上限の1千万円ではなく、さらにその5割の5百万円となります。
ただし、火災保険の場合、時価に対して8割未満の保険金額を設定している保険契約では、時価の8割に対する比例割合で保険金の額を算定することが通例です。
「比例てん補」とは、保険金額が保険の対象となっている物件の時価よりも低く設定されている「一部保険」の場合に、その不足している割合に応じて、保険事故があった際に支払われる保険金の額を削減する方式のことをいいます。
ここにいう「保険金額」とは、損害保険契約を結ぶにあたって、それぞれの対象物件ごとにあらかじめ設定する、保険金が支払われる最高限度額のことをいいます。
この金額はいざというときの補償内容を考えれば時価いっぱいに設定することが望ましいのですが、契約者が保険会社に支払う保険料もそれだけ割高になってしまうことから、あえて時価よりも低く設定して保険料を抑えることが一般的には行われています。
このような場合、例えば時価2千万円の家屋に対して保険金額が1千万円と設定されているとするならば、この契約においては時価の5割しか保険を掛けていないことになりますので、この家屋が実際に1千万円の損害を被ったとしても、保険金として支払われるのは上限の1千万円ではなく、さらにその5割の5百万円となります。
ただし、火災保険の場合、時価に対して8割未満の保険金額を設定している保険契約では、時価の8割に対する比例割合で保険金の額を算定することが通例です。
「比例てん補」とは、保険金額が保険の対象となっている物件の時価よりも低く設定されている「一部保険」の場合に、その不足している割合に応じて、保険事故があった際に支払われる保険金の額を削減する方式のことをいいます。
ここにいう「保険金額」とは、損害保険契約を結ぶにあたって、それぞれの対象物件ごとにあらかじめ設定する、保険金が支払われる最高限度額のことをいいます。
この金額はいざというときの補償内容を考えれば時価いっぱいに設定することが望ましいのですが、契約者が保険会社に支払う保険料もそれだけ割高になってしまうことから、あえて時価よりも低く設定して保険料を抑えることが一般的には行われています。
このような場合、例えば時価2千万円の家屋に対して保険金額が1千万円と設定されているとするならば、この契約においては時価の5割しか保険を掛けていないことになりますので、この家屋が実際に1千万円の損害を被ったとしても、保険金として支払われるのは上限の1千万円ではなく、さらにその5割の5百万円となります。
ただし、火災保険の場合、時価に対して8割未満の保険金額を設定している保険契約では、時価の8割に対する比例割合で保険金の額を算定することが通例です。
「比例てん補」とは、保険金額が保険の対象となっている物件の時価よりも低く設定されている「一部保険」の場合に、その不足している割合に応じて、保険事故があった際に支払われる保険金の額を削減する方式のことをいいます。
ここにいう「保険金額」とは、損害保険契約を結ぶにあたって、それぞれの対象物件ごとにあらかじめ設定する、保険金が支払われる最高限度額のことをいいます。
この金額はいざというときの補償内容を考えれば時価いっぱいに設定することが望ましいのですが、契約者が保険会社に支払う保険料もそれだけ割高になってしまうことから、あえて時価よりも低く設定して保険料を抑えることが一般的には行われています。
このような場合、例えば時価2千万円の家屋に対して保険金額が1千万円と設定されているとするならば、この契約においては時価の5割しか保険を掛けていないことになりますので、この家屋が実際に1千万円の損害を被ったとしても、保険金として支払われるのは上限の1千万円ではなく、さらにその5割の5百万円となります。
ただし、火災保険の場合、時価に対して8割未満の保険金額を設定している保険契約では、時価の8割に対する比例割合で保険金の額を算定することが通例です。
「比例てん補」とは、保険金額が保険の対象となっている物件の時価よりも低く設定されている「一部保険」の場合に、その不足している割合に応じて、保険事故があった際に支払われる保険金の額を削減する方式のことをいいます。


ビジネス女性04
ここにいう「保険金額」とは、損害保険契約を結ぶにあたって、それぞれの対象物件ごとにあらかじめ設定する、保険金が支払われる最高限度額のことをいいます。
この金額はいざというときの補償内容を考えれば時価いっぱいに設定することが望ましいのですが、契約者が保険会社に支払う保険料もそれだけ割高になってしまうことから、あえて時価よりも低く設定して保険料を抑えることが一般的には行われています。
このような場合、例えば時価2千万円の家屋に対して保険金額が1千万円と設定されているとするならば、この契約においては時価の5割しか保険を掛けていないことになりますので、この家屋が実際に1千万円の損害を被ったとしても、保険金として支払われるのは上限の1千万円ではなく、さらにその5割の5百万円となります。
ただし、火災保険の場合、時価に対して8割未満の保険金額を設定している保険契約では、時価の8割に対する比例割合で保険金の額を算定することが通例です。
「比例てん補」とは、保険金額が保険の対象となっている物件の時価よりも低く設定されている「一部保険」の場合に、その不足している割合に応じて、保険事故があった際に支払われる保険金の額を削減する方式のことをいいます。
ここにいう「保険金額」とは、損害保険契約を結ぶにあたって、それぞれの対象物件ごとにあらかじめ設定する、保険金が支払われる最高限度額のことをいいます。
この金額はいざというときの補償内容を考えれば時価いっぱいに設定することが望ましいのですが、契約者が保険会社に支払う保険料もそれだけ割高になってしまうことから、あえて時価よりも低く設定して保険料を抑えることが一般的には行われています。
このような場合、例えば時価2千万円の家屋に対して保険金額が1千万円と設定されているとするならば、この契約においては時価の5割しか保険を掛けていないことになりますので、この家屋が実際に1千万円の損害を被ったとしても、保険金として支払われるのは上限の1千万円ではなく、さらにその5割の5百万円となります。
ただし、火災保険の場合、時価に対して8割未満の保険金額を設定している保険契約では、時価の8割に対する比例割合で保険金の額を算定することが通例です。

コメントは受け付けていません。