比例てん補の場合

比例てん補とは、交通事故よって損害が発生した場合などに用いられる損害保険に関する用語です。
その内容として、保険金額が対象とされる補償価額よりも下回っている場合、一部保険に対して保険金額の保険価額に対し、それぞれの割合に応じた補償金額が支払われることをいいます。
つまり、保険金額と保険時価額の割合を元に保険金が算出されることが条件とされています。
これらの考え方について、自動車保険に関する以下のような例があげられます。
時価およそ200万円ほどと想定される自動車に対して、加入している保険がおよそ100万円の保険金額だった場合の具体例です。
主な注意点として、50万円の損害が発生した場合、補償金額が100万円であることから、損害額の全てを保険金でまかなうことができると誤解される声もありますが、実際はおよそ25万円の保険金が支払われることとなります。


ビジネス女性07
補償されている金額より損害額が下回っていても、全額補償されるというわけではない、ということなのです。
これに関しては、計算式によって補償金額を把握することが可能です。
損害が発生した金額と、保険金額または補償金額を掛けた数字が、イコールとして補償金額となります。

 

コメントは受け付けていません。