火災保険の契約のポイント

火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。火災保険を選ぶ際、補償額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
建物については、補償額の算出方法が「時価額」「再調達価額」と2種類あり、保険会社によって異なります。


syuttyo01_l
例えば、今の家が築20年・30坪だとしましょう。
前者で算出すると、築20年の家の資産価値は新築よりもかなり安くなっているため、補償額もその程度となります。
一方、後者は「今と同等の家を、今の場所で再調達するために必要な金額」という考え方で算出されます。つまり「新築」で買う想定で算出され、それが補償額となります。
最終的には、保険会社が提案してきた補償額の範囲で、自分で判断して契約することになるのですが、保険会社が提案してきた補償額を超える契約は基本的にできません(例えできたとしても、保険料が結局無駄になります)。
今の世の中、築20年の家の時価額では新しい家は到底買えませんので、できれば再調達価額で算出してもらえる保険商品を選びたいところですね。
家財についても、各保険会社ごとに算出基準があります。通常、家族構成を参考にして算出されます。
保険会社が提案してきた額に対して「え、こんなに高いの?」と感じる人が多い様ですが、家財の補償範囲はかなり幅広いのです。
家具や家電はもちろん、服・本・食器・化粧品・etc・・・貴金属や超高級ブランド製品を除く、家の中のほとんどの物品が含まれます。
これらをすべて買い直した場合の金額を想定してみてください。
少なくとも、保険会社の提案から大幅に減額するのは、はっきりした理由がない限り避けた方が良いでしょう。